サイトメニュー

病気に悩む前に

悩む女性

選び方や特徴を理解しよう

何らかの理由で、うつ病になってしまう人がいます。もしうつ病になってしまった場合で会社に行けなくなるようなことがあれば傷病手当を請求することも可能です。傷病手当を請求する場合には、病院の先生が書いてくれる診断書が重要になります。その診断書がなければ、そもそもうつ病であると証明するのは難しいからです。ですが、病院の先生が書いてくれないようならば、間違いなくうつ病だと証明することができるでしょう。そこで、どのような心療内科や精神科を選んだらよいかが重要になりますが当然診断書をしっかりと書いてくれる所を選ぶべきです。病院の先生の中には、診断書をかきその人が傷病手当をもらうことに対して否定的な考えを持っている人がいるのも事実です。そのようなところを避けて、口コミや評判などを調べながら診断書をしっかり書いてくれて安心できるところを選ぶ必要があります。結果的に、傷病手当をもらうことができるようになりますが、もちろん治療に関しても腕前が良いところが重要になります。

傷病手当をもらう場合、うつ病の診断書も重要ですがどのような特徴があるかをよく理解しておく必要があります。基本的に、これをもらうためには申請してから1カ月間ほどの時間が必要になるでしょう。そのため、しっかりとお金の準備だけはしておく必要があります。また、どれぐらいの期間傷病手当をもらうことができるかが重要になります。これをもらうことができるのは、申請して審査の許可が下りた時から 1年半になります。それ以上の期間は、延長することはまずありませんので事前に様々な準備をしておくことが重要です。傷病手当のそれ以外の特徴は、給料の2/3程度はもらえることです。毎月の給料が20万円の人がいたとします。この人がもらうことのできる傷病手当は12万円程度になると理解しておく必要があるでしょう。そもそも、この手当が出るのは憲法第25条の条文の中にある必要最低限の生活が明記されているからです。これにより、うつ病で傷病手当をもらうことで最低限の生活を送ることができるようになります。

Copyright© 2019 仕事を長期に休む場合の対処方法を考えよう All Rights Reserved.