サイトメニュー

最長で1年6か月支給する

医者

健康保険から支給を受けることが出来ます

精神神経科の病院やクリニックで、うつ病を診断されると、一時的に就労が出来なくなることがあります。仕事が出来なくなると、経済的な不安を感じている人がほとんどです。会社の健康保険に加入をしている人は、傷病手当の支給を受けることが出来ます。3日以上勤務が出来ず、4日以上欠勤をしている場合は、受給の対象になります。傷病手当を受け取るためには、会社で休んだ日数分の給料が支払われていないことが条件になります。健康保険協会などの公式サイトでは、傷病手当の申請書をダウンロードすることが出来ます。うつ病の診断書は必要ない場合もありますが、医師に就労できる健康状態でないことを書いてもらう必要があります。社会保険に加入をしている人は、病気やケガ、精神疾患などで就労が出来なくなると、給料の67パーセントの支給を受けることが出来ます。申請に必要な書類を準備をして、手続きをしておくと、一か月後から支給が受けられるので、お金の負担を減らすことが出来ます。病気で働けなくなって、悩んでいる人にお勧めです。

うつ病の症状が重く、就労をするのが難しい場合は、傷病手当の申請をすることで、お金を受け取ることが出来ます。有給休暇を利用して、休んでいた時は支給されないので注意をして下さい。3日以上就労していないのを、証明するために会社に必要事項を記入してもらう必要があります。休んでいる間に、お給料の支給を受けていた時は受給は出来ないので注意をして下さい。傷病手当は一定の条件を満たしていると、受給が出来るので、入院が必要になった時や、通院が長引く時も安心できます。傷病手当は最長で1年6か月支給されるので、経済的な不安を軽減できるなどのメリットがあります。うつ病は大変ポピュラーな、精神疾患のひとつなので、過度なストレスを受けていると、誰でも罹る可能性があります。20代から、50代以降の人まで、うつ病を診断された経験のある人が増えています。健康保険に加入をしている人は、まずは健康保険協会に電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。親切で丁寧な応対なので、安心して相談が出来ます。

Copyright© 2019 仕事を長期に休む場合の対処方法を考えよう All Rights Reserved.