サイトメニュー

うつに対する手当

女性 うつ病になってしまったときには、仕事を休むことによって給付されなくなってしまった当面の生活費を確保する上で傷病手当金は力強い存在となります。利用する場合は申請書を記入する必要がありますが、給料のおよそ3分の2に相当する金額が支給されます。

詳しく見る

3日間連続休みで申請可能

医者 うつ病で休職や退職した場合、連続して3日休んでいれば傷病手当の申請ができます。保険協会より申請書を取り寄せ、医師と会社に必要事項を記入してもらって提出します。原則標準報酬月額の約6原則が支給され、最長1年6ヶ月受給可能です。

詳しく見る

休職時にすべきこと

聴診器 うつ病や抑うつ神経症を患い、休職となった場合は、まずは治療に専念することが大事です。あせらず直していきましょう。休職となった場合の生活を保護する仕組みに傷病手当があります。受給時には医師の診断書を求められ、月収の6〜7割の支給額になります。

詳しく見る

最長で1年6か月支給する

医者 うつ病が原因で、就労できなくなると経済的な不安を感じている人がほとんどです。3日以上勤務が出来ず、休んでいる間はお給料が支払われていない場合は、傷病手当を受け取ることが出来ます。まずは健康保険協会に電話で問い合わせをすると良いでしょう。

詳しく見る

病気に悩む前に

悩む女性 傷病手当をうつ病でもらう場合には、診断書が必要になります。そこで、クリニックや心療内科の選び方としては、診断書をしっかりと書いてくれるところがよいでしょう。特徴は、給料の2/3程度のお金が出ることです。

詳しく見る

休職中の収入

女性

安心して治療に専念するなら

長期に気分の落ち込みや気力の低下が続くうつ病は多くの人の悩みとなっています。現在では良い治療方法も登場し、多くの人が通院で対応できるようになっていますが、症状が悪化すると日常生活や仕事にも影響が出てしまうこともあります。そんな場合は無理をせずにゆっくりと休養を取ることも大切ですが、長期に休むとなると今までもらっていた給与が得られなくなるという問題もあります。経済面が不安になると安心して治療に専念することはできません。それゆえ、休職する前には、その間の生活を安定させることも考えておきたいところです。休職中に安心してうつ病の治療に専念するのであれば、傷病手当を受給することも考えてみましょう。傷病手当は健康保険に加入している人が病気で仕事に附けなくなった際に一定期間、生活を支援するお金が支給されるという制度です。有給休暇を使って休むという方法もありますが、すでに使ってしまったという人にも利用できる制度です。どのぐらいの金額が支給されるのかということになりますが、標準報酬月額の三分の二の金額が支給されます。

傷病手当はいつ頃、受給できるのかも知っておきたいところですが、申請から1ヶ月程度で受給されますので比較的短い期間でお金を受け取れることもメリットです。うつ病で休職した場合の傷病手当はどれぐらいの期間、受け取ることができるのかも知っておきたいところですが、最長で1年6ヶ月間となります。それゆえ、復帰に時間が掛かるという人の場合も、長期に収入が途絶えることがないのも安心感があります。いつから支給の対象となるのかも知っておきたいところですが、3日目の待機期間がありますので4日目から支給されることになります。うつ病で会社を休んだ場合も最初の3日間は傷病手当の支給はありませんが、そのかわり有給休暇を使うことができます。そして、受給の条件としては就労できない場合の生活支援を目的としていますので、給料の支払いがないことも条件としてあげられます。それから、業務上での怪我や病気は労災保険から出されることになりますので、傷病手当を受け取る場合は業務外の病気や怪我となります。

Copyright© 2019 仕事を長期に休む場合の対処方法を考えよう All Rights Reserved.